長男、次男の時の学資保険への加入

我が家では、長男が1歳の頃に学資保険を検討しました。
本当はもっと早く、産まれてすぐに加入したかったのですが、産後はあれこれ大変で保険の加入まで手が回らなかったのです。
でも、一歳になった頃にようやく余裕が出来てきて、児童手当などをもらえるのだからそれを学資保険に充てて貯金していこうと夫に話しました。
夫も、子供は大学までは出してあげたいと考えている人です。
学資保険なら貯金代わりにもなり、支払いしている夫にもしもの事があったらその後の保険料支払いはなく保険の契約が継続するというのに魅力を感じ、加入を決めました。
加入する学資保険は返戻率と保険会社の知名度でアフラックに決めました。
アフラックの夢見るこどもの学資保険です。
資料を取り寄せて、その後に必要事項を記入して送ってそのまま加入する事が出来ました。
そして、その後になって次男が生まれると、今度はすぐに学資保険に加入しようと思いました。
早くから加入した方がお得だし、二人目で気持ちにも余裕がありました。
その為にまた資料を取り寄せて問い合わせたところ、担当者と面談してからの加入をして下さいと言われました。
実は、夫の休みにわざわざ保険会社の担当の方と話すのは面倒なので嫌だったのですが、会社の方針が変わったのか、その面談をしないと手続きを進められないと言われました。
仕方なく、休みの日に家に来てもらって話を進めました。
その面談で、17歳で満期の学資保険に次男も加入する事が出来ました。
そこで一つだけ変えたのは、長男の加入当時からその頃までの保険料支払いは月々だったのですが、年払いでまとめて支払いをする方が多少ですがお得になるからと言われ、年払いに変えました。
それからは毎年、二月頃に二人分まとめて一気に学資保険の保険料を夫の銀行口座から引き落としされることになりました。
その引き落とし額は、二人とも受け取り総額300万円コースなので、なかなかのダメージのようで毎年その時期が来ると夫は分かっていても一気に引き落とされて残高が減るのはきついね、と言っています。
毎月払うよりは安いと言っても気持ち的に大きい額の引き落としは痛いのだと思います。
でも、その学資保険に加入しているおかげで、私は夫のもしもの時にも子供たちを大学まで行かせる事を諦めないで済むという安心感があり助かっています。
友人には、赤ちゃんの妊娠中からでも学資保険に加入している人もいます。
学資保険は子供のいる家庭には当たり前となっているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です