子供のための自転車保険加入

我が家では、現在、小学一年生の息子がいます。
この子は、幼稚園の5歳の頃から補助輪なしで自転車に乗ることが出来るようになりました。
もちろん、自転車で彼が外に出かける時は親として一緒に小走りしてついて行っていました。
近くにいて、もうすぐ止まる場所だよ、とか信号を見て、とか後ろから人が来てるから止まって、と声をかけ続けていました。
6歳にもなると自分で周りを見られるようになって来たので私も自分の自転車に乗って共に出かけられるようにもなりました。
しかし、やはりまだまだ周りに気を配れるほどではないので、危ない時はあります。
止まるとわかっていても、その止まるのが私の考える場所より少し遅かったり、スピードを緩めず急に止まるとか、前を見る前に走り出したりするので、ごくたまに他人にぶつかりそうになった事がありました。
自転車で他人にぶつけて相手側が怪我をしたりすると、親も高額な賠償責任を負ったという話を聞いた事があります。
悪くすると相手側がそのせいで障害を負ったり亡くなる事さえ実際に起こっているそうです。
これは、たとえ子供の起こした事故だからと許される事ではないので、これからも周りに注意するよう息子の自転車についていること、声をかけることは続けるのに加えて自転車保険に加入する事を検討し始めました。
万が一に備えておくのが、親としての責任だと思ったのです。
親の私は自転車保険は購入時に加入していましたが、子供はあまりスピードも出さないしそれまでは必要性を感じていませんでした。
しかし、普通に親と一緒に自転車に乗るようになっているのに子供の保険は加入していないのでは不安になり、いざという時の為というか安心の為に、と夫に話して加入する事を決めました。
私がネットから調べて加入したのは、インターネットで申し込みが完結するちゃりぽという保険でした。
手続きはとても簡単で、すぐに終わったので契約するのを面倒な気持ちになる事が全くなくとてもスムーズでした。
これは、他人や他人のものを傷つけた場合ももちろんですが、自分が自転車で怪我をした場合にも適用される保険です。
私は年払いで2,900円をクレジットカードの引き落としで支払っています。
月額に換算すると260円ととても安いため、申し込むのは迷う事はありませんでした。
また、自動継続なのでこちらから止める時だけは手続きが必要ですが、基本は何もしなければ毎年自動的に更新されていきます。
そのお知らせがメールで届くだけで継続されるので非常にこちらは楽です。
周りの人たちにも、子供にも自転車保険は加入しておくべきだと伝えていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です