医療保険に加入しておくべきだった思い出

“医療保険というのは、もしも時にとても助かりますね。
そのため、必ず加入する方が安心です。
とことがそのように思っていても、仕事が忙しいことを理由に加入していませんでした。
それは、とても恐ろしいことであると後から本当に感じました。

家族も私が医療保険に加入していないのは、本当に困ると話していたのです。
それはもしも時に頼りになるのか家族となるからです。
手術をするときなど、とりあえずお金が必要となりますね。
しかしお金がないときには、たちまち家族に迷惑をかけることになります。
そしてもしも、その治療が長引いたときには本当に辛いです。
その時に、医療保険に加入しておけばよかったと思っても、その時は遅いのです。

しかしそのようなことがわかっていたものの、若い時には保険に加入する必要はないと思っていたのです。
そんな考えでいたことが、とても恥ずかしいです。
そしてその心配していたことが、ついに起きました。

それは、腰痛がおさまらなくなった時です。
仕事をしている時に、グキッと言う音とともに歩くことができなくなりました。
その時は、いつものぎっくり腰と思っていたのです。
そのため、安静にしていれば治ると感じていました。
ところが翌日は、起き上がることができなくなったのです。
その時は、情けない気持ちでいっぱいになりました。
そして這うようにして病院を受診したのです。

その結果はなんと、椎間板ヘルニアでした。
しかも相当悪くなっているということで、手術が必要となったのです。
その時、まず最初に思ったことはお金のことです。
若かったので、貯金がありませんでした。
そのため、やっぱり迷惑をかけてしまうのは家族となったのです。
そして家族に入院費を出してもらって、手術をすることにしました。

その時に思ったことは、もしも家族がいなかったらどうしたらいいかということです。
お金を急遽かることが必要となります。
しかも、そのお金を返済する自信がないと思ったのです。
そして医療保険について、加入していなかったことを失敗したと思った事でした。

人は生きている時に、健康に自信があると思ってもいつ何があるのかわかりません。
この私も、健康には自信があったのです。
そのため、絶対病気をしないと思ったので保険に加入していないところがありました。
それはとても浅はかな考えであると思っています。

その後は、直ぐに保険に加入しました。
すると、安心ですね。
心穏やかに暮らすことができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です