40代の保険事情

わたしは、40代の主婦です。
子供は、まだ小さくて、幼稚園生と0歳です。
夫は、わたしより3歳年上です。マイホームを買ってからなのか、夫婦ともに40代を過ぎたこと、年のせいなのか体に不調が目立つようになりました。
わたしは、30歳をすぎてから結婚をしたので子供を出産したのは高齢出産扱いです。
夫は、椎間板ヘルニアになり、1週間入院しました。
そのときは、2人目をちょうど妊娠しているときで出産直前に起こった出来事です。
息子も、幼稚園に入る前に起こりました。大きなおなかでいつ生まれるかわからない不安な状態一応帝王切開なので大丈夫かなと軽く考えていました。
こどもを連れて、毎日夫の入院いしている病院へ通いました。
そして、どうにか無事に退院してくれました。
みなさんは、お腹の大きい妊婦が夫の入院している病院へ幼い子供を連れていかなくてもいいのでは?と思ったのではないでしょうか。
託児所か親に預ければ?そこまで無理して病院へ通わなくてもいいんじゃない?と思うかもしれません。
しかし、家を建てたばかりでお金の余裕もなく、親も近くにいることはいるのですが、あてにできないのです。
私の親は、孫を面倒見ることが好きではないのです。それに、年もとっているので預けてる間、私の方が気を使ってしまうので、一緒に病院へ連れていくことにしたのです。
その後、どうにか夫の体は回復して、数日後わたしは2人目を出産しました。1人目を帝王切開で産んでいるので、2人目も帝王切開です。
なので、お腹をきる予定日は立てやすかったので助かりました。
夫の入院、わたしの出産とバタバタと時がすぎていきました。私が出産している間は、上の子どもは親に預けることもできないので、無認可の託児所に預けました。それで、私の出産中は夫に頑張ってもらって、どうにかくぐり抜けました。
しかし、私が産院に入院している間は夫はかなり疲れたといいました。会社に行く前に、子供を起こし、ごはんの用意をして、託児所に行きたくないと泣きわめくこどもを車に乗せて、託児所に預けて会社にいき、定時で退社して、私の入院している産院に来てくれて、託児所に行き、夕ご飯をたべさせ寝かしつけるという毎日を一週間続けました。
夫は、げっそりしていました。子供がいるときに、家族の入院はとても大変です。
そして、わたしも夫も生命保険に加入していたので助かりました。後日、入院のお見舞金や入院費が生命保険から降りたからです。
もうすぐ、私が加入してる生命保険が切れそうなので、更新するかどうか迷っている最中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です