交通事故 -保険会社が守ってくれた体験談-

わたしは、40代の主婦です。

私が住む地域は、生活の移動手段として車が必須なので、自動車保険に2台とも入っています。最近の若いたちは、自動車保険は高いと言って入らない方もいるそうです。

うちは、軽自動車と普通車があります。買い物や子供の習い事に行くときは、軽自動車を使用しています。遠出をするときは、軽自動車ではない方を使用しています。

軽自動車は、運転しやすいのでほぼ毎日使用しています。しかし、軽自動車を使用している分、交通事故にあう可能性が高いのも軽自動車、子供を乗せて事故にあったときを考えたらと考えて、以前の自動車保険にプラスして保険の内容を手厚くしました。

その代わり、自動車保険料は上がりますが、仕方がないことだし、何かあっては遅いので安全第一を考え、そういう結論に達しました。そして、自動車保険の更新を終えて、わたし一人で街中を運転していました。わたしは、直進の方向をまっすぐ道なりに走っていたのですが、突然一時停止のある左側の道から、私の車に別の車が突っ込んできたのです。急ブレーキとハンドルと切りましたが、車と車の接触事故が起こりました。相手側は、一時停止を無視して走ってきたせいで交通事故となったのです。

その後、わたしは病院へ行き、首のむち打ち症と診断されました。

それから数か月、病院へ通い続けていたら、相手の保険会社から、まだ症状固定にもなってないのにもかかわらず、通院の打ち切りをされました。わたしは、自腹で病院に通いました。

そして、半年たった今でも、首に痛みがありますが裁判をしてまで、この事故を長引かせたくないので示談することにしました。通院費と慰謝料は、相手方の保険会社が支払うのは当然です。

重いんがけないことに、自分が加入していた自動車保険からもお見舞金もあり、相手側の保険会社が支払った金額の差額分も少しですが、ありました。

交通事故を起こさないことが一番大切ですが、あたしが通院した時間と首の痛みの分は、多くはないですが相手方の自動車保険会社と私の加入している保険会社から支払いを受けることができて、どうにか気持ちに整理をつけることができました。車を運転するのに、自動車保険に入っていなかったらと思うと、とても怖いです。

一年に数万円の自動車保険代は、車を運転する側の義務でもあるだろうなと考えました。

交通事故は、自分が悪くなくても、いつどこで起こりかわからないことを知りました。

それがおこったとき、助けてくれたり、守ってくれるのは保険会社です。

入院した話 -妊娠、流産を乗り越えて-

わたしは、40代の主婦です。十数年前に、結婚してすぐに妊娠しました。

妊娠は、妊娠検査薬でわかりました。なので、まだ病院にいきませんでした。
3日後に結婚式があるし、次の日新婚旅行でハワイに行く予定だったので、新婚旅行から帰ってから産婦人科にいけばいいと思っていたのです。
結婚式のときは、夫以外はだれも妊娠していることを伝えませんでした。
体調は、少し熱っぽい感じがあったのとすこしつわりが始まっていました。
どうにか、無事に結婚式が終わり、そのまま飛行機に乗って楽しみにしていたハワイに旅だちました。
飛行機の中では、気圧の変化で少し、お腹の下の方、子宮がキューっとなるような感じたしました。
でも、ハワイについてからは、体調はよかったのではしゃいでたのしみました。そして、日本に帰国してすぐに産婦人科にいきました。
すると、妊娠はしているけど、赤ちゃんの心音が確認できないと言われました。
わたしは、ショック過ぎて信じられませんでした。
別の病院で診てもらいましたが、同じ状況で流産しないといけないと言われました。
流産の他に私に癌の可能性があるので、すぐに入院することになったのです。わたしは、妊娠する前から、ひどい生理痛に悩まされて子宮内膜症だったです。
生理の時は、病院から処方されたお薬を飲んでいました。生理痛が軽くなるためには、妊娠して子供を産むとよくなる可能性が高いと言われました。
実際に妊娠していますが、流産する結果となり、さらに癌の恐れがあると聞かされ、天国から地獄へとつきおとされた気分でした。
いっぱい泣きました。

結婚式、新婚旅行で浮かれていたから赤ちゃんがわたしの目の前から消えたのだと自分を責めました。そして、入院して流産、そして癌の小さな細胞を手術で取り出しました。
手術は、無事に終わりましたがしばらくはだれとも面会したくない、だれとも話したくない状態でした。
そして、もしかしたら癌の可能性もあるので、最低1年は子供を作らないように医師から言われました。
1年間、定期的に検査をして癌が発症していないかどうか見るためらしいです。
もし、子供がほしくてすぐに妊娠をしてしまうと癌なのかそれとも正常妊娠しているのかどうか判別が難しいからだと言われました。
退院してから、夫の生命保険にも私は加入していたので、1週間の術代や入院費は、保険のお見舞金という形で30万円もらえました。
それで、病院にかかった費用を賄うことができました。残ったお金は、二人で旅行に行って使いました。

40代の保険事情

わたしは、40代の主婦です。
子供は、まだ小さくて、幼稚園生と0歳です。
夫は、わたしより3歳年上です。マイホームを買ってからなのか、夫婦ともに40代を過ぎたこと、年のせいなのか体に不調が目立つようになりました。
わたしは、30歳をすぎてから結婚をしたので子供を出産したのは高齢出産扱いです。
夫は、椎間板ヘルニアになり、1週間入院しました。
そのときは、2人目をちょうど妊娠しているときで出産直前に起こった出来事です。
息子も、幼稚園に入る前に起こりました。大きなおなかでいつ生まれるかわからない不安な状態一応帝王切開なので大丈夫かなと軽く考えていました。
こどもを連れて、毎日夫の入院いしている病院へ通いました。
そして、どうにか無事に退院してくれました。
みなさんは、お腹の大きい妊婦が夫の入院している病院へ幼い子供を連れていかなくてもいいのでは?と思ったのではないでしょうか。
託児所か親に預ければ?そこまで無理して病院へ通わなくてもいいんじゃない?と思うかもしれません。
しかし、家を建てたばかりでお金の余裕もなく、親も近くにいることはいるのですが、あてにできないのです。
私の親は、孫を面倒見ることが好きではないのです。それに、年もとっているので預けてる間、私の方が気を使ってしまうので、一緒に病院へ連れていくことにしたのです。
その後、どうにか夫の体は回復して、数日後わたしは2人目を出産しました。1人目を帝王切開で産んでいるので、2人目も帝王切開です。
なので、お腹をきる予定日は立てやすかったので助かりました。
夫の入院、わたしの出産とバタバタと時がすぎていきました。私が出産している間は、上の子どもは親に預けることもできないので、無認可の託児所に預けました。それで、私の出産中は夫に頑張ってもらって、どうにかくぐり抜けました。
しかし、私が産院に入院している間は夫はかなり疲れたといいました。会社に行く前に、子供を起こし、ごはんの用意をして、託児所に行きたくないと泣きわめくこどもを車に乗せて、託児所に預けて会社にいき、定時で退社して、私の入院している産院に来てくれて、託児所に行き、夕ご飯をたべさせ寝かしつけるという毎日を一週間続けました。
夫は、げっそりしていました。子供がいるときに、家族の入院はとても大変です。
そして、わたしも夫も生命保険に加入していたので助かりました。後日、入院のお見舞金や入院費が生命保険から降りたからです。
もうすぐ、私が加入してる生命保険が切れそうなので、更新するかどうか迷っている最中です。

子供のための自転車保険加入

我が家では、現在、小学一年生の息子がいます。
この子は、幼稚園の5歳の頃から補助輪なしで自転車に乗ることが出来るようになりました。
もちろん、自転車で彼が外に出かける時は親として一緒に小走りしてついて行っていました。
近くにいて、もうすぐ止まる場所だよ、とか信号を見て、とか後ろから人が来てるから止まって、と声をかけ続けていました。
6歳にもなると自分で周りを見られるようになって来たので私も自分の自転車に乗って共に出かけられるようにもなりました。
しかし、やはりまだまだ周りに気を配れるほどではないので、危ない時はあります。
止まるとわかっていても、その止まるのが私の考える場所より少し遅かったり、スピードを緩めず急に止まるとか、前を見る前に走り出したりするので、ごくたまに他人にぶつかりそうになった事がありました。
自転車で他人にぶつけて相手側が怪我をしたりすると、親も高額な賠償責任を負ったという話を聞いた事があります。
悪くすると相手側がそのせいで障害を負ったり亡くなる事さえ実際に起こっているそうです。
これは、たとえ子供の起こした事故だからと許される事ではないので、これからも周りに注意するよう息子の自転車についていること、声をかけることは続けるのに加えて自転車保険に加入する事を検討し始めました。
万が一に備えておくのが、親としての責任だと思ったのです。
親の私は自転車保険は購入時に加入していましたが、子供はあまりスピードも出さないしそれまでは必要性を感じていませんでした。
しかし、普通に親と一緒に自転車に乗るようになっているのに子供の保険は加入していないのでは不安になり、いざという時の為というか安心の為に、と夫に話して加入する事を決めました。
私がネットから調べて加入したのは、インターネットで申し込みが完結するちゃりぽという保険でした。
手続きはとても簡単で、すぐに終わったので契約するのを面倒な気持ちになる事が全くなくとてもスムーズでした。
これは、他人や他人のものを傷つけた場合ももちろんですが、自分が自転車で怪我をした場合にも適用される保険です。
私は年払いで2,900円をクレジットカードの引き落としで支払っています。
月額に換算すると260円ととても安いため、申し込むのは迷う事はありませんでした。
また、自動継続なのでこちらから止める時だけは手続きが必要ですが、基本は何もしなければ毎年自動的に更新されていきます。
そのお知らせがメールで届くだけで継続されるので非常にこちらは楽です。
周りの人たちにも、子供にも自転車保険は加入しておくべきだと伝えていきたいですね。

10年程前に入った保険がまさか役に立つとは・・・?

夫婦共にいたって健康で、今まで病気にかかった事はありませんでした。ですので、保険というものにはあまり興味がなく過ごしていました。

そんなある日、保険のセールスが自宅に来ました。興味はなかったんですが、暇だったこともあり「まぁ話だけ聞こうか!」って事で応接間に通しました。話を聞いているうちに「納得できる部分」もあり(その時は50歳ちょっと超えた頃です)、「まぁ入っといてもいいか・・」位軽い気持ちでした。
時は経ち10年過ぎた頃でしょうか?女房が「何か胸にしこりがある・・・・?」まさか・・・?私も触ってみましたが、確かにもう一方と比べると何か小さい塊のようなものを感じました。???触った後も、これが現実なのか?「えぇ・・嘘だろ・・?」しばらくは茫然としたものです。テレビ等でガンになったという人の話は聞きますが、まさか家の女房が・・・信じられませんでした。

早速、ネットで病院探しが始まります。その時考えたのは、通わなきゃいかんだろうから家の近くでということで、ある一軒の病院を探し当てました。そこはかなり優秀な先生がいるという事です。電話をしましたら「一度見てみましょう!」との事で、日程を決め診察を受けることになりました。が、病院へ行く日まで、もういろんな事が脳裏を駆け巡ります。最悪「死」なんてことになったら・・・・「早く覚悟を決めなきゃ・・・?」考えれば考えるほど、体に震えがくる始末です・・・でも待てよ!まだ「ガンと決まった訳じゃないんだ!」・・何とか気持ちを奮い立たせて、いざ病院です。

車の中で待っている間も、落ち着きません!やたら長く感じました。女房が車に戻ってきたら「どういう顔で迎えようか?」はたして「どういう顔で戻って来るのか?」思案に暮れていました。
女房が車に戻って来て開口一番「先生が身内の人を連れて来てだって!」心の中で「ウハ―!アカン!」(以前、テレビ番組か何かで「ガン宣告」は必ず身内を呼ぶことが多い)車から病院入口までの数十メートル、心の整理がつきません。どういう表情をしたらいいのか?なんて受け答えしたらいいのか?整理がつかないまま、先生と対面です。先生「ご主人さんですか?奥さんは乳がんです!」「あぁやっぱり!」先生の話もよく聞き取れなかったことを覚えております。
まだ初期段階だったから、救われたのかも知れません。忘れかけていた保険ですが、手続きをして一時金を手にすることになりました。この時です。「保険に入っていて良かった!」と思えたのは・・・・
その後1ヶ月に一回の診察ですが、先生もガンが小さくなっていると言ってくれています。

ひとまず、「やれやれ」です。